【レビュー】Anker PowerWave II Padは厚さ5mm以下なら充電可能。ロジクール POWERED iD20 と比較

こんばんは、カズオです。

2021年6月21日に始まったAmazonプライムデーでAnker PowerWave II Padを購入しました。
2980円で売られていることが多いですが、この時は2392円でしたよ。

以前、ワイヤレス充電器として、ロジクールPOWERED iD20を購入しましたが、このような不満がありました。
・厚さが4mmのケースを付けると充電されない。
・斜めになっているため、AirPods Proを充電するには工夫が必要。

プライムデーでこの充電器と併せて、Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro も購入しましたが、USB-Cケーブルなんですよね。

充電器のケーブルを差し替えるのが面倒になってきたため、置くだけでワイヤレス充電出来る充電器を追加で購入したというのが経緯です。

想定する読者
・Anker PowerWave II Padの購入を検討している人
・ロジクールPOWERED iD20と比較検討している人
メリット
・メリット/デメリットがわかる
・注意点がわかる

ロジクールPOWERED iD20 の不満は解消されましたが、別の問題も出てきました。

なお、今回もiPhone11を使って、レビューします。

メリット

ケースの厚さが4mmでも使用可能

Anker PowerWave II Padのマニュアルに、厚さ5mm以下のケースであれば、利用可能とあります。

そのため、手元にある、厚さ4mmのケースで試したところ、無事充電されました!

厚さ4mmのケースで充電

厚さ4mmのケースで充電

ワイヤレスイヤホンでも使用可能

今回はAirPods ProとAnker Soundcore Liberty Air 2 Proで試しました。

どちらもこのように充電されてます。

AirPodsProを充電中

AirPodsProを充電中

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proを充電中

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proを充電中

充電器のサイズが小さい

直径が約9cmの円形なため、ワイヤレスイヤホンを乗せるとちょうどいい大きさです。

iPhoneを乗せると当然はみ出ますw滑りにくい仕様になっているため、落ちたりずれることはなさそうですが。

ロジクールPOWERED iD20と比較

ロジクールPOWERED iD20と比較

ロジクールPOWERED iD20と比較すると、小型なことがよくわかると思います。

デメリット

iPhoneを置く場所がシビア

これはメリットで書いたサイズが小さい反面、iPhoneを認識する場所が限られています。

適当に置いておくと、充電されていない ということがありました。

そのため、この写真の赤丸箇所にある、LEDインジケーターが青色で点灯することをiPhoneを置いたら確認するようになりました。

LEDインジケーターがもう少し大きいと、確認しやすいんですけどね。

LEDインジケーター点灯

LEDインジケーター点灯

充電が遅く、ロジクールPOWERED iD20と大差なし

今回は50%→80%まで充電する際にかかった時間を計測しました。

ロジクールPOWERED iD20より早いと思いましたが、どちらも2時間程度でした。

iPhoneの設定が人によって異なるため、同じiphone11ユーザーが計測しても変わるかもしれませんね。

それにしても、充電時間にロジクールPOWERED iD20と大差ない=遅い ということで、時間優先の場合は、有線にするしかなさそうです。

まとめ

置くだけで充電出来る、Anker PowerWave II Padをレビューしました。

置くだけで充電出来る反面、iPhoneを置く場所に気を付けなければ充電されないことがあるのは、本当に要注意です。

とは言え、置くだけで充電されることで、スマートフォン以外も充電出来るメリットは大きく、最後はLEDインジケーターの点灯を確認して使っていこうと思います。

ケースの厚さが4mmでも使えますしね。

ワイヤレスイヤホンは特に問題なく充電出来たため、こちらの充電器をメインに使っていく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA