【実録】ツーリズムEXPO in 沖縄は沖縄らしさ全開のイベントで満足

こんばんは、カズオです。

今日は先日行った、ツーリズムEXPO 旅の祭典 in 沖縄へ行った時のことを紹介します。

嘉手納のレストラン シーサイドへ行った後、沖縄コンベンションセンターへ向かいました。

ツーリズムEXPOは観光業に関するイベントで、平日は旅行関係者向けで、土日は一般向けに開催されています。各自治体や企業の展示ブースだけでなく、食事のブースもありました。
あ、泡盛の出店もあったのは、沖縄らしくていいですね。

去年は大阪で開催されていましたが、日程が合わず来ることが出来なかった為、今回初のツーリズムEXPOです。

嘉手納のシーサイドで食べ過ぎたこともあり、あまりフードを満喫出来なかったのはちょっと残念ですが、お土産もたくさん貰えて満足しました。

想定する読者
・ツーリズムEXPOに興味がある人
・沖縄初開催がどんな感じか興味がある人
メリット
・会場までのアクセスがわかる
・沖縄らしさの具体的な内容がわかる

入場するために、事前に登録が必要なところは、最近のイベントらしいですね。

アクセス

今回の会場、沖縄コンベンションセンターは宜野湾市にあります。

この時は嘉手納から迎ました。

当初、バスを乗り継いで行くつもりでしたが、偶然通りかかったタクシーを利用して20分弱で到着しましたよ。
バスで来ても、最寄りのバス停から歩く必要があり、タクシーは楽ですね。

余談ですが、3年前の2017年3月にもここに来ています。(正確に言えば、宜野湾海浜公園です)
その時は声優 水樹奈々さんのライブで、もう3年も経ったのか!って感じで驚きましたね。

各ブースでもらった物を紹介

手指消毒用アルコール

入り口でもらいました。
濃度65%と高く、アルコールを飛行機に手荷物で持ち込んでいいか航空会社に確認したところ、「飲料用でなければ持ち込み可」とのことです。

飛行機で帰る客も多いでしょうから、さすがに会場で配りませんよね。

泡盛メーカーの久米仙が作っていることもあるんでしょうが、泡盛のにおいがしますね。
このアルコールが会場の至る所にあり、こういうところも沖縄らしさを感じました。

JWマリオットホテル奈良のUSBメモリ

ブースがあることは事前に知っていました。

ブースの担当者に聞いたところ「奈良県も出展しており、一緒にPRに来た」というようなことを言ってました。

9月に宿泊したことを話したところ、容量8GBのUSBメモリをいただきました。

JWマリオットホテル奈良のブース

JWマリオットホテル奈良のブース

JWマリオットホテル奈良のロゴ入りUSBメモリ

JWマリオットホテル奈良のロゴ入りUSBメモリ

蓋に磁石が付いており、近付けるとカチッとはまります。

また泊まりに行きたいホテルです。

フライングホヌ のイラスト入り保冷バッグ

ANAのブースにいたホヌさん

ANAのブースにいたホヌさん

ブースでアンケートに答えた結果だったはずですが、ホヌさんのイラスト入り保冷バッグを貰えました。

ホヌさんのイラスト入り保冷バッグ

ホヌさんのイラスト入り保冷バッグ

ホヌさんでハワイに行ったのが懐かしいですし、3号機が楽しみですね。

他にもアプリを使って、CAさんやホヌさんとの合成写真を撮るサービスもありましたが、こちらはちょっとアップするのは自重します。自分がマスクと帽子を被った怪しいおじさん過ぎて泣けてきますね。

VR体験は想像以上にリアルに再現

話は変わり、海軍司令部壕をご存知でしょうか?

旧海軍の司令部があった場所で、現在は壕内の展示がされています。

2016年に行った際は、この階段を進んで、壕内へ行きました。

実際に戦争で使われていた所で、何とも言えない空気感がそこにはあり、写真を撮る余裕はあまりなかったことは鮮明に覚えてます。
そのため、写真がほとんどありません。

海軍司令部壕内部への階段

海軍司令部壕内部への階段

その体験をVRで出来るということでさせてもらいました。

VR体験

VR体験

最初、操作に慣れるまでに時間がかかりましたが、操作に慣れると想像以上にリアルでした。
VRを初めて経験し、こんなにもリアルとは驚きましたね。

その場の空気感とかはわかりませんが、イメージを感じるには十分でした。
まさに、目の前に壕があるような感じで、技術革新の凄さに驚かされました。

旅するカレーフェスタinツーリズムEXPOジャパン

ここではカレーのお店がたくさん並んでました。

カレーフェスタ マップ

カレーフェスタ マップいろいろ悩んだ結果、このスパイス香るレッドカレー&タイ式ミルクティーにしました。

カレーと紅茶

カレーとミルクティー

これで1000円ちょうどでした。
カレーは写真では少なく見えますが、ご飯の量に適量で、これくらいで十分です。

また、味の方はそんなに辛くなく、美味しくいただけました。
ミルクティーも程よい甘さでしたね。

このお店(プリックタイcollab)は那覇市内にあるとのことで、今度行ってみようと思います。

まとめ

初のツーリズムEXPOは沖縄でした。

地方自治体や企業の展示だけでなく、フードやVR体験も出来、沖縄らしさを感じられました。

VRの完成度は中々なもので、この完成度がわかっただけでもいい経験でした。

帰宅後、たくさんもらったパンフレットやグッズを整理するのに結構な時間がかかり、ちょっと貰いすぎたかなと思います。

興味のあるブースへ行くとパンフレットを貰えるものの、とりあえず配ってるだけってところも実際には有り、私としては、そういうブースではなく、何かの体験が出来るようなブースに行った方が満足度は高そうです。

最後に、沖縄らしさと言えば、那覇空港の展示は面白かったです。

那覇空港の未来

那覇空港の未来

将来は瀬長島とくっついて、ターミナルビルも新しくなるんですね。

この説明をしてくれた職員さんが熱心で、今後の那覇空港が楽しみになりました。
今回の沖縄旅行で、初めて那覇空港第二滑走路に着陸し、今度来た時はどう進化しているんでしょうね。

さて、2021年のツーリズムEXPOは大阪とのこと。
そちらの方が近いため、来年も行けたらいいですね。

もう少しお腹を減らして来場すれば良かったと思う反面、あの場でカレー以外に食べると苦しかったでしょうね。その辺でも年齢を感じます・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA