新千歳空港を満喫。1時間程度で出来ること

こんばんは、カズオです。

先日、新千歳空港へ行ってきました。

今は出来ませんが、三井住友カードのVポイント→ソラシドエアのマイル→AIRDOのマイルに変換するルートで、実質1200円換算のポイントで片道の航空券が取れました。

そのルートを使って、3往復分(私、妻、3歳の息子)のマイルを発行したものの、諸事情で家族旅行が難しくなり、マイル消費のため、一人で北海道へ行くことに。

ただ、妻に子供を任せて一人旅をするわけにも行かず、神戸-新千歳(11:35-13:30)、新千歳-神戸(14:55-16:55)の日帰り弾丸旅行となりました。

新千歳空港に到着し、出発便まで約1時間半ありますが、搭乗手続きが始まる時間を考慮すると制限エリア内で過ごす場合は1時間強しかありません。

制限エリア外へ出ると、手荷物検査の時間を考慮する必要があり、1時間を切ります。

本当に時間との戦いで、行く前からテーマを決めていました。

・制限エリア内でお土産購入(初回)
・制限エリア外でお土産購入(2回目)
・制限エリア外でジンギスカンを食べる(3回目)

今回は注意するべきがあるため、そちらを中心に紹介します。

想定する読者
・新千歳空港で何が出来るか知りたい人
・1時間強でどこまで出来るか知りたい人
メリット
・限られた時間で出来ることがわかる
・日帰り弾丸旅行の注意点がわかる

個人的には4時間くらい時間があって、温泉まで満喫出来たらベストでしたが、それは叶わぬ夢でしたね。

往復分のチェックインを出発時に実施

神戸空港にはAIRDOのカウンターは無く、ANAカウンターでチェックインします。

この時、往路、復路共にチェックインしておくと、時間のロスを省けるため、そのようにしていました。

メールに記載されている番号ではなく、予約時にAIRDOのホームページに記載される番号が必要なため、初回は非常に焦りましたね。

さすがに復路分は機械ではチェックイン出来ず、カウンターでしてもらいました。

制限エリア内で過ごす際、係員さんに事情を伝える

制限エリア内で完結させる場合の注意点です。

いつものように、手荷物受取エリアに行ってしまいそうでしたが、そうすると、再度手荷物チェックを受ける必要があります。

1回目は制限エリア内で、何が出来るか検証するため、うっかり出てはいけません。

そのため、制限エリア内のお土産屋に行くため、地上係員さんを見つけ「制限エリア内で買い物だけしたい。復路もチェックイン済み」と伝え、写真の赤丸にある機械にタッチし、ゲートを開けてもらいました。

特に突っ込まれれずに対応していただいたので、私のような客が他にもいるのかも知れませんね・・・

この時は、お土産を大量に購入し、余裕があったため、制限エリア内の寿司屋で食事をして帰りました。

北海道で購入したお土産

北海道で購入したお土産

コンパス40を紹介した記事でアップした写真にもありますが、これくらい購入しました。

制限エリア内で過ごす際、手荷物検査を行う必要がなく、1時間強もあれば余裕で、搭乗手続きが始まったタイミングで復路に乗って帰りました。

制限エリア外でお土産を購入

2回目は制限エリア外で、お土産を買いました。

新千歳空港はお土産屋が多く、非常に悩みますよね。

この日も購入するものをリストアップし、お土産屋を周る順番まで考えていたほどです。

最終的には、これが良かったのですが、なんと往路が機材トラブルで出発が30分遅れました。

到着してから順調に購入し、制限エリア外で購入した弁当を食べ終わった頃に、搭乗開始が始まったくらいです。

30分くらいしか使えない中、よく出来たと自画自賛してしまいそうですねw

この日に購入したコーヒー牛乳は本当に美味しかったです。もちろん、カステラも美味しかったですよ。

松尾ジンギスカンへ直行

3回目はジンギスカンを食べることをメインにし、時間があればお土産も購入することにしました。

この日は定刻通り新千歳空港へ到着し、松尾ジンギスカンへ直行してます。

13時半過ぎにお店へ着いたこともあり、そこまで混んでなかったのはラッキーでした。

写真にありませんが、追加で肉を注文し、ジンギスカンを満喫出来ました。油っこくなく、本当に美味しいですね。

その後、お土産を少し買って帰りました。

まとめ

今回はAIRDOのマイルを利用して、新千歳ー神戸を3往復しました。

日帰りで往復するプランで、新千歳空港内で利用できる時間は1時間程度しか無い中、意外と満喫することが出来ました。

もちろん、1回の滞在でやりたいことを全て行うのは無理で、複数回にわければ何とか可能ってところでしょうか。

とは言え、皆さんにお勧め出来るとは言い難いです。

新千歳空港に何度か行ってある程度、ショップの位置がわかっており、飛行機に乗り慣れている方向けのプランになりますね。

妻からは「そんな旅行しんどくないの?」と突っ込まれつつ、お土産ハンターとして目的を果たすことが出来たことに感謝してます。

北海道へ宿泊する旅行に行けるかは未定ですが、3泊くらい出来たらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA