羽田イノベーションシティでF35に体験搭乗。平日の昼間をお勧めする理由

こんばんは、カズオです。

2021/10/25(月)に参加したJALの伊丹ー羽田線が就航イベントで羽田空港に着いたあと、最近出来た羽田イノベーションシティ内にて、戦闘機のシミュレーターをさせてもらいました。

以前、インターネット上で戦闘機のシミュレーターがあることを知り、羽田に行く機会があれば、ぜひ行きたいとずっと思っていて、本当に嬉しかったです。

当初、予約しようと思ったものの、羽田の滞在時間は3時間弱しかありません。
往路のフライトが遅れたらシミュレーターを出来ないたため、ダメ元で予約無しにしました。

偶然、予約が入っておらず、フラッと立ち寄って体験出来たのは、ラッキーとしか言いようがありません。

想定する読者
・戦闘機のフライトシミュレーターに興味がある人
・羽田イノベーションシティに行ってみたい人
メリット
・フライトシミュレーターの参加方法がわかる
・お店へのアクセスがわかる

2018年に岩国基地で見た、F35をシミュレーターで体験している時は、興奮しっ放しでした。
今回は、スタッフさんお薦めのF35に乗りましたが、次の機会があれば、違う機種にも乗ってみたいですね。

アクセス

羽田イノベーションシティは天空橋駅の近くです。

そこのゾーンJ2-5というところにあります。

駅から見れば、奥の方になりますね。

戦闘機のシミュレーションを体験

15時半頃に、ショップへ着きました。

ショップの外観

ショップの外観

この時、他のお客さんは偶然おらず、スタッフさんから「予約も入っていないため、今なら体験出来ますよ?」と提案いただき、¥3300で15分の体験搭乗をすることにしました。

本当にここまではスケジュール通りでしたね。

シミュレーター体験出来る機種は、F16、F/A18、F35の3機種です。

今回は航空自衛隊最新機種のF35に乗ってみたかったため、そちらにしました。

F35のコックピット

F35のコックピット

スタッフさん曰く「飛行機を操縦している感じが強いのは、F35以外の機種」とのことです。

とは言え、今回は初体験ということと、話題のF35を操縦してみたかったため、こちらにしました。

※撮影した写真は全て撮影許可を得ております。

コースは横田基地をスタート→羽田空港を通過→横田基地へゴール するものでした。

離陸から着陸まで丁寧に教えていただき、ちょこっとスティックを操作するだけでF35が曲がったり上昇や下降をしたのは面白かったですね。

ちなみに、F35はこちらです(これは米軍の物ですが)

F35

F35

次回する機会があればF16かな。垂直尾翼が1枚の戦闘機が好きなんですよね。

F16

F16

F/A18も捨てがたいですね。

F/A18

F/A18

ちなみに、いずれの戦闘機も2018年の岩国基地で撮影した物です。

こちらではドッグファイトや空母での離着陸も出来るようで、大変興味深いですね。

もし行くなら、土日や平日の夕方は混雑する傾向があるとのことで、スタッフさんともじっくりお話が出来る平日のお昼がお勧めです。

元戦闘機パイロットとお話しする機会は初めてで、多少緊張してしまい、挙動不審だったかもしれません(笑)

おまけ:バナナジュース

シミュレーター体験の前に、バナナジュースを飲みました。

バナナの神様

バナナの神様

店内に国産バナナが吊るされていたため撮影させていただきました。
※撮影許可を得てます

皮も食べられるとのことでトライしてみようと思いましたが、値段にビビって止めたことを今となっては後悔してます。

バナナ

国産の高級バナナ

まとめ

今回は、戦闘機のシミューレーター体験を紹介しました。

子供が産まれるまでは、よくエアショーに行っていたこともあり、地上で見ていた戦闘機をシミュレーターとは言え操作出来たのは、本当にいい思い出になりました。

今から戦闘機パイロットにはなれませんからね。

大臣か有名人になれば、搭乗する機会があるかも知れませんが、操縦することは出来ないでしょう。

カウンター

カウンター

店内の撮影まで許可いただき、至れり尽くせりでした。

改めて、あの日はお世話になりました。

今度行く機会があれば、15分と言わず、もっと長い時間体験したいと思います。

その頃には、羽田イノベーションシティはテナントが増えていて、より魅力的なスポットになっているかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA