那覇空港で出来た4時間の待ち時間で、DMMかりゆし水族館へ

こんばんは、カズオです。

先日、訪れた下地島空港から那覇空港へ向かい、16時頃到着しました。

その後、神戸空港へ向かうフライトが20時発だったため、那覇空港で待ち時間が4時間。

当初、那覇空港で適当に過ごそうかと思っていましたが、定刻より少し早く着いたこともあり、以前から気になっていたDMMかりゆし水族館へ行くことにしました。

想定する読者
・那覇空港で乗り継ぎ時間の潰し方を探している人
・那覇空港からDMMかりゆし水族館へ行きたい人
メリット
・4時間あれば、DMMかりゆし水族館へ行けることがわかる
・バスやタクシーを使った所要時間がわかる
・DMMかりゆし水族館やイーアス沖縄豊崎の様子がわかる

こじんまりとした水族館で、1時間程度過ごした後、イーアス沖縄豊崎で食事をとって、那覇空港に戻ってきたら19時頃でちょうどいいタイミングに戻ってこられました。

帰りのバスは道路が渋滞していたため、ちょっとハラハラしましたけどね。

アクセス

美らSUNビーチの前にあります。
アウトレットも近いですね。

那覇空港から20分ということで、空港からタクシーで向かい、多少道路が混んでおり、30分くらいで着きました。
料金は2000円くらいでしたね。

DMMかりゆし水族館はエンタメ要素が強め

早速入ってみましょう。

タクシーを降りたら、目の前にあるエスカレーターを登ると、入り口があります。
今回、特にクーポンを持っていなかったため、2400円払いました。高いなー。

料金一覧

料金一覧

入り口を進むとプロジェクターで動画が投影される部屋へ案内されます。
ここは撮影不可で、ぜひ楽しみにしてください。

正面の壁だけでなく、左右の壁に映像が投影されるだけでなく、風も感じることが出来ます。
この時点で、遊園地のアトラクションに乗っている気分で、気分はかなり高揚していました。

アプリをダウンロードすると水槽の内容がわかります

アプリを知らせる看板

アプリを知らせる看板

この仕組みは感動しましたね。

アプリを水槽近くにある、このような看板にスマホをかざしてください。
BluetoothをONにする必要はありますが。

アプリをかざす看板

アプリをかざす看板

スマホをかざすと、こんな感じで表示されます。

スマホをかざすと水槽の内容が表示

スマホをかざすと水槽の内容が表示

よくある水族館は、水槽の近くにどのような魚がいるか掲示されてますが、それが全く無く、水槽を楽しむことが出来るというのは斬新でした。

魚を触ることも出来、かわいそうなくらいガッツリ掴まれていました

この水槽にいる魚は触ってOKです。

触る=タッチでしょうが、ちびっこ達にガッツリ掴まれていて、ちょっと可哀想でしたね。

ガラスの水槽を上から覗くと、浮いているような気分になります

あと、お勧めはここですね。

ガラス水槽の入り口

ガラス水槽の入り口

先ほどの魚を触れるコーナーの近くにあります。
左手から入ると、土足厳禁で靴を脱ぐ必要がありますが、そこには水槽を上から覗けるガラスがあります。

オープンして間もないからかも知れませんが、非常にクリアに見え、高所恐怖症の人は止めた方がいいかも知れません。

泳いでいるエイがしっかり見えますね。

全体を写すとこのような感じですが、ガラスが綺麗すぎて、浮いているような気分になれますよ。

ちなみに、1階に降りるとこんな感じです。

上から見るのと、正面から見るのでは全然印象が違いますね。

1階は大小様々な水槽があります

エスカレーターを降りると、小さめの水槽がいくつか並んでました。

小型な水槽

ニモ

ニモ

チンアナゴ

チンアナゴ

エイ

エイ

他にも水槽がありましたが、他のお客さんがいて、なかなか写真撮影が出来ませんでした。
17時頃に行きましたが、結構混んでましたね。

海中トンネル

小さい水槽の反対側に、海中トンネルの水槽があります。

海中トンネルの正面

海中トンネルの正面

反対側のトンネルに向かってみましょう。

海中トンネル

海中トンネル

大きくはありませんが、綺麗な水槽でした。

クラゲの巨大な円柱水槽

タイミングによって、色が変わります。

ここは意外と広く、鏡があることもあって、非常に幻想的でした。

光の色がタイミングによって変わるのはよかったですね。
クラゲと光のコラボレーションが綺麗でした。

鏡との組み合わせで、こんな演出が出来るんですね。

イーアス豊崎で夕食(おまけ)

水族館で1時間程度過ごした後、イーアスへ移動しました。
ここはイオンに出店しているお店も多く、ブラブラしているだけでも楽しかったです。

ちょうど17時半前ということもあって、夕食を取ろうとしたところ、フードコートを発見し、マグロにしました。

ここでアヒポキライスをいただきました。

わさび油は確かに数滴で良かったですね。
これが結構当たりで、お店の人が言う通りに、数滴で十分なくらい辛かったです。

マグロは美味しく、結構当たりでした。

那覇空港へはウミカジライナーを利用

当初、タクシーで帰ろうと思いましたが、偶然18時10分発のウミカジライナーが来たため利用しました。

ウミカジライナーのルート

ウミカジライナーのルート

赤嶺駅やウミカジテラスも経由するため、最終的に18時45分に那覇空港に到着予定でしたが、19時頃に到着。

道路が非常に混雑していましたが、なんとか当初の予定通り、19時には那覇空港に戻ってこれました。
これはラッキーでしたね。

ウミカジライナー以外のバスもありますが、本数は多くないため、バスを利用する方は事前に時刻表を確認された方が良いでしょう。

事前に手荷物は預けていたため、あとはセキュリティーゲートを通過し、20時過ぎのフライトで神戸空港へ向かいます。

まとめ

那覇空港で乗り継ぎがあったため、その4時間をどう潰すかが懸念でしたが、DMMかりゆし水族館に行けて良かったです。

当初、那覇空港で晩飯を食べて過ごすのが安全なのは間違いありません。

今回は一人で来たこともあり、比較的自由な過ごし方が出来ましたが、家族旅行だったらこうは行かなかったでしょう。

水族館&食事を満喫することが出来たため、那覇空港で4時間もあれば、まだ観光を楽しむことは出来そうです。
もちろん、ゆっくり過ごすと言うことは出来ませんが、急かさなくていいと思いました。

ただ、往復バスを利用したら、おそらく4時間では無理だったでしょうね。
時間の余裕が無ければ、往復タクシーが無難かな。

今度行くときは、家族でレンタカーでのんびり過ごしたいものです。
イーアス沖縄豊崎はフードコートが充実しており、今度はステーキを食べてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA